<< 今更ながら。 POG近況 >>

POG2010-2011が終わりました。

今年もダービーが終わり、仲間うちでやってるPOGも終了となりました。
ダービーを勝ったのは、オルフェーヴル。
POGメンバーの中からようやく初めてダービー馬が出ました。
というか、割とポピュラーな血統なので、
「うちも初のダービー制覇でした」というチームが多かったかもしれないですね。

今年は出走する18頭のうち、9頭がPOGメンバーの馬。
血統馬や評判馬が割と順当に活躍する年でしたね。

いっぽう、僕の馬はというと、春のGⅠに出走すら叶いませんでした。
一番の活躍馬がセン馬のレッドデイヴィスですからね。
オカマがNHKマイルCにすら出れないというのは衝撃的事実でした。

あと、アドマイヤセプターやアヴェンチュラ、ドナウブルーなど、
順調であればGⅠに駒を進めていたであろうメンバー(※全部牝馬)が
全てトライアルでつまづいたり、故障したりしたのも誤算でした。

順調だったらなぁ。。。
やっぱり、牝馬ってのは、気性面含め、何かと難しいですね。

あと反省すべきは、中盤以降に指名した馬がほとんどダメだったこと。
そのせいで、上位の有力馬が戦線離脱した後、
ポイントの上積みがほとんど見込めませんでした。
ドラフトのカブリを気にして、ちょっと穴馬を狙いすぎたかもしれません。

来シーズンは、中盤以降の指名馬のチョイスも課題ですね。

ということで、来シーズンのPOGチョイスのポリシーは
こんな感じで行きたいと思います。

①「牡馬中心」で指名。
 中距離以上をこなせる有力馬を3~5頭上位で指名し、ダービー奪取を狙う。

②中盤以降は、穴馬を狙いすぎず、社台F、ノーザンFの馬もしくは有力厩舎の馬、
 もしくは種付数上位の馬から選ぶ。

③根拠のない自信から推奨されている馬は選ばない。
 (去年のロジポケット 汗)

指名順は、
牡馬2
牝馬2
牡馬2
牝馬2
牡馬2
牝馬1
牡馬2

牡馬が8頭、牝馬が5頭 ぐらいの数が理想かな。

さ、リスト作ります。
[PR]
by rocksaloon | 2011-05-31 19:23 | 競馬
<< 今更ながら。 POG近況 >>