<< ふと見たら 今年、初花火。 >>

『THE BOOK OF BUNNY SUICIDES』

d0032310_9152721.jpg昨日の晩、書店の絵本コーナーにて、『THE BOOK OF BUNNY SUICIDES』 という海外の漫画を見つけた。
ペラペラとめくってみると、ヘタウマなタッチの画で、様々な手段で自殺(SUICIDE)を試みるウサギたちが描かれている。
まず、画がのほほんとしたタッチなので、まったく緊迫感がない。しかも、その自殺方法というのが、どれも「ありえねー」とか「まどろっこしー」というようなものなので、かえって笑いを誘う。(例えば、蹴られる直前のラグビーボールに地中からすり替わり、頭を蹴られる、とか。)ブラックだ。
表紙の絵を見て気になった方は、本屋で探してみてください。くだらなさ満点です。(本編は、表紙ほど分かりやすいネタは少ないです。)

The Book of Bunny Suicides
Andy Riley (著)


追記:
ここで一部、楽しめます。というか、これだけ見られれば十分という話も。
http://unix.rulez.org/~calver/pictures/bunny_suicides/
磁石屋(?)とナイフ屋(?)の間で、ナイフが貫通するのをじっと待つウサギの後ろ姿に1票。
近未来映画風の転送シーンのやつも好き。(転送しきれず死亡というやつ)
アナタはどれがお好みですか?
[PR]
by rocksaloon | 2005-08-02 08:49 | 本&アート&写真
<< ふと見たら 今年、初花火。 >>