<< 鍛錬の日々 夕焼け小焼けで >>

実は

右下の「Today's Feature」で、その日に聴いてる音楽を(割とこまめに)アップしているが、実は、告白すると、ここ最近一番よく聴いているのは、TRIO MOCOTÓ(トリオ・モコトー)のファーストだったりする。

「Muita Zorra」(1971)
d0032310_214541100.jpgジョルジ・ベンのバックでも活躍したことのある、サンバ・ロック(向こうでは“サンバ・ホッキ”)のスリーピース・バンド(from ブラジル)。
歌はメインもコーラスもヘナチョコで、ジルベルト・ジルなどの力強いヴォーカルを聴いた後で聴くと、あまりのショボさに全身脱力してしまうのだが、スチャポコ鳴ってるサンバのリズムにそのユルいヴォーカルが妙にハマり、気がつけば彼らのトリコである。
曲もナイス。御大ジョルジ・ベンの曲3曲のほか、以前紹介したことのあるコンピ『APPLE PIE CUTS VOL.1』に入っていたアントニオ・カルロス&ジョカフィの曲(2)や、ジルベルト・ジルのカバーで有名な「エマの歌」(9)も収録されている。

なぜ、右下に載せられないかというと、廃盤のため、アマゾンで取り扱いが無いためである。2000年にせっかく初CD化されたのに(泣)。まぁ、確かに、このジャケットを見て買おうと思う人は、少数派だろうなぁ。

公式ホームページ
長いブランクを経て、今も活躍中。
[PR]
by rocksaloon | 2005-10-19 22:06 | 音楽
<< 鍛錬の日々 夕焼け小焼けで >>