<< アングルのヴァイオリン 新作@E-NES(彫銀工房) >>

仮想ダイナソー

d0032310_18444995.jpgダイナソーJr. がやってくる。
しかもオリジナル・メンバーで。

わーい!
。。。と喜びながらも、
実はけっこう内心は複雑だったりする。

d0032310_18451837.jpgいや、嬉しいんですよ。
でもね、なんだか、妙な感じなんです。


といいますのもですね、

ダイナソーJr. の“オリジナル・メンバー”
d0032310_18454437.jpgというと、

 J・マスシス(Vo,G)
 ルー・バーロウ(B)
 マーフ(Dr)

なんですが、
d0032310_18463018.jpg
この3人というのは、
83年の結成から88年にかけて活動してたメンバーで、
(アルバムでいうと1st~3rd)
その後、ルー・バーロウは脱退、
マーフも徐々にフェイドアウトしていき、
91年の4th「グリーンマインド」以降の諸々の傑作は、
d0032310_18471459.jpgJ・マスシスがほとんど一人で作り上げたもの。

要は、91年以降(~99年)の、最も人気の高い時代には、
ダイナソーJr.は、Jのソロ・プロジェクトだったわけです。

。。。ということは、

d0032310_18474636.jpg オリジナル・メンバーでは、
 「グリーンマインド」とか「ホェア・ユー・ビーン」(5th)の曲は
 やらねーんじゃねーの?

という疑念が、
当然湧いてくるのです。

d0032310_18484917.jpg。。。まぁ、それはないか。
観客のニーズを考えれば、やるよな。

うん、やるやる。

しかし、しかしですよ。
「グリーンマインド」の曲を演奏するルーとマーフ、というのは、
実際過去にはありえなかった光景なわけで、
オリジナル・メンバーでありながら、
目の前に繰り広げられるのは、
まったく新しい、ダイナソーJr. なわけで。

うーむ、複雑な心境~


。。。ま、いいか。
楽しめれば、それでいいや。
Jのギターの爆音に黙って身を委ねとくことにします。


d0032310_18494062.jpgd0032310_184930100.jpgちなみに僕的には、
ルー・バーロウのバンド『セバドー』も大好きなので、
ルーの姿が拝めるだけでも
オリジナル・メンバーで来る価値は大アリなのでした。

ルーは歌わんだろうけどね。
[PR]
by rocksaloon | 2006-02-14 21:12 | 音楽
<< アングルのヴァイオリン 新作@E-NES(彫銀工房) >>