<< 今年も うわ >>

日々是戦い。


道を訊かれやすい人種、というのが必ずいると思う。

僕がそうだ。
たぶん、『ミチキカレヤスイ人民共和国』 の出身だと思う。

こないだなんか、自転車で快調に飛ばしているところを、
おばはんに道ふさがれてまで、たずねられた。

ヘッドフォンで音楽聴きながら自転車で飛ばしてる人に、ふつう道訊くかぁ~?
と思いながらも、しぶしぶヘッドフォンを外して応対したところ、

「なぁなぁ、○○町ってどこ?」

と、ぶしつけに訊いてきた。

言っておくが、京都の人は「町名」なんてほとんど知らない。
あんな細分化されてる町名なんか、覚える気にならない。
知ってても、自分の住所のある町とか、会社のある町とか、せいぜいその程度である。
(たぶん)
京都の人は、みんな基本的に「通り」が交差するポイントで住所を認識してるのだ。

僕が「知らん」と言うと、「どこに行きたいの?」と訊き返す間もなく、
おばはんは、明らかにおおげさに失望した顔で「なんや~」と毒づきながら、
さっさと歩いていってしまった。
           ・
           ・
           ・
           ・
           ・
     (▼皿▼#) カッチーン




テメーの訊き方が悪いんじゃろがいッ!



ほかにもこういうのは困る、というのがある。
例えば、メチャクチャマイナーなビル名を訊いてくるおばはん。

「第二○×ビルはどこにありますか」。。。って、
           ・
           ・
           ・
           ・
           ・
    (~メ-_-) ピキーン




知るかーっ!!!

ビルなんてなー、いっぱいあんねん!

一個一個名前を覚えてるわけないやろッ!



んで、そういう人に限って、知らんことが分かると、なんや知らんのー?という顔をするのだ。
まるでこっちが悪いみたいに。
これまたムカツクことこの上なし。


あと、もう一つ困るのが、
「ここは何通りですか?」
と訊いてくるやつ。

これは、正しい質問のようにもおもえる。
しかし、この質問を、入りくんだちっさい通りでゆうてくるから厄介だ。

 え?
 あ、えーーっとですね。。。

訊かれた方はとっさのことで焦ってしまい、
頭の中で、

(てら、ごこ、ふや、とみ、やなぎ、さかい。。。)

と、通り名数え歌がグルグル。

京都人だって、いちいち通り名を指差し確認しながら歩いてへんちゅうねん。
いきなり訊かれても分からんっちゅうの。

で、かなり悩んだ挙句、
「堺町通りです...かね」
と答えると、おもむろに地図を取り出し、

「ここに行きたいんですけど。。。」
           ・
           ・
           ・
           ・
           ・
        (#`Д´)



ほな最初から出せやッッ!!!!




道を訊かれやすい人種は、そんなわけで、
日々いろんなシチュエーションと戦っているのでありました。(おわり)


ちなみに、うちの会社にはもう一人、『ミチキカレヤスイ人民共和国』 の民がいる。
そいつは、ラスベガスで道を訊かれた猛者である。
[PR]
by rocksaloon | 2006-07-12 19:46 | ドウデモイイ日記
<< 今年も うわ >>