カテゴリ:本&アート&写真( 52 )

大型書店の個性って!?

d0032310_15533718.jpg日曜日、これといってなんにもすることがなかったので、
まだ読んでいなかったエーリヒ・ケストナーの「飛ぶ教室」と
リチャード・バックの「イリュージョン」を読もうと思ったのだが、
あまりに気持ちいい日だったので、真っ昼間から惰眠をむさぼってしまい、
気付いたら夜だった。
結局読みすすめられたのは数ページ。まぁいい。
今日は眠るためにあった日だ、と思うことにした。

ところで、私の住んでいる街には大型書店が少なくとも六店舗(M、J、A、A、B、K)存在し、
amazon等のネットショップやコンビニを除けば、
大多数の街の人間はそこで書籍を購入していると思うのだが、
実はこれらの店舗にリチャード・バックの「イリュージョン」は置いていない。
その代わり、どの店でも大抵「かもめのジョナサン」「ONE」(同じ作家の作品)はある。

よく売れるからたまたま品切れだったのか、
売れたまま補充されていないのかは分からない。
単に品薄なだけのかもしれない。
けど、これだけ大型書店がありながら、
実は皆んな似たり寄ったりでーす、横並びでーす、と宣言されているみたいで、
なんだか悲しかった。
[PR]
by rocksaloon | 2005-05-16 12:55 | 本&アート&写真

ジェームズ・アンソールの“キリストのブリュッセル入城”

d0032310_20172935.jpg「美の巨人たち」というTV番組で4/30放送予定のジェームズ・アンソール(James Ensor:1860-1949)。
ベルギーの画家で、仮面を被った群像や髑髏などをモチーフに、ちょっと不気味な作風で知られる方ですが、偶然見つけたこの作品はそういった作風からはちょっと考えられないほど、陽気。
鮮やかな色彩の中でひときわ目立つ赤に心躍らされ、好きになってしまいました。

補足情報:
「ジェームズ・アンソール展」が、2005年、全国数ヶ所で開催されます。
日本での本格的なアンソール展は、約20年振りとのこと。約130点が公開されます。

 4月23日(土)-6月12日(日)   東京都庭園美術館
 6月18日(土)-7月24日(日)   三重県立美術館
 7月30日(土)-9月4日(日)    福島県立美術館
 9月10日(土)-10月16日(日)  北九州市立美術館
 10月21日(金)-12月4日(日)  高松市美術館

せっかくだから見に行こう!(この絵はあるのかなぁ?)
[PR]
by rocksaloon | 2005-04-25 23:14 | 本&アート&写真