<   2005年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

秋競馬

さて。今週末の競馬は久々のGⅠ、「スプリンターズステークス」也。
いよいよ秋競馬も本格始動。競馬場に行くのにも、気持ちのいい季節です。

そして、我がPOG馬も3週振りに出走。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2005年10月2日(日)
 札幌1R 2歳未勝利(芝1800m)に、「グランオマージュ」が出走予定。
  前走3着からの巻き返しなるか。

 阪神5R 2歳新馬(芝1600m)に、「サードストリーム」が出走予定。
  僕のPOG馬では4頭目のデビュー。
  そこそこ人気を背負いそう。期待に応えられるか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まだ、一頭も勝利できてない、我がPOG馬。
POG参加メンバー9人中、8位というふがいない獲得賞金。
今週あたり、頼むよ~!

【追記10/3】
うわ~。サードストリーム、9頭立ての8着かぁ。。。惨敗だなぁ。キビシィ~
グランオマージュは5着。疲れてるみたいだし、いったんお休みかな。ううむ。
[PR]
by rocksaloon | 2005-09-30 19:29 | 競馬

解散!!(笑)

自分(および友人)の見ただけを紹介するブログの記事でこんなのを見つけた。
============================================
 『矢田亜希子、解散!!』
 「マジかよぉ!!」泣き崩れる知らない友人。

 いや、しっかりしろお前。
 矢田亜希子は解散しない。
============================================

実は過去にネタ的には似たようなのを聞いたような記憶があるんだけど、これが「夢」だってことを想像しながら読むと、友人のショック度合いが妙に笑える。かなりツボに入ってしまい、今日一日、頭の中で『マジかよぉ!!」と泣き崩れる知らない友人の姿』が何度も映像化されてしまった。
[PR]
by rocksaloon | 2005-09-29 18:22 | ドウデモイイ日記

願望

はぁ......

旅に出たい

どこか遠くへ.....


   パタ
[PR]
by rocksaloon | 2005-09-28 21:17 | ドウデモイイ日記

なんか

今日は、カウンターの調子がおかしいのか、訪問者数がゼロ
まだ誰もここを訪問していないことになっている。
ketsumazukuさんにはコメント頂いたので、カウンターが壊れてるだけだと思うんですが....

....だれか、来てくれてます?

シーン
[PR]
by rocksaloon | 2005-09-27 18:12 | ヤミナベ

さばけすぎ?

先日、住所変更を届け出るため、区役所に行った。
行く前にホームページをみたら、引っ越しから14日以内に届け出よ、と書いてあった。
引っ越してから、すでに半年以上経過している。
ものすごく怒られるのかなーと内心ビクビクしつつ届出用紙を出したら、受付の人は、書き込みの無い「移転日」(←書く勇気がなかった)の欄を見てひとこと。

「移転日はいつにしておかれますか?」

「。。。へ?」

「いや、14日以内じゃないといけないんでー、いつにしておきます?」

「あ、えーと、。。。じゃあ今日で」

「9月xx日ですね。はい、ここに書いてください」


そんなテキトーなんかい!


それにしても、区役所。久しぶりに行ったんだけど、ラフな服装の人が多くて、すごくさばけててビックリした(ここの区役所が特殊なのか?)。デザインシャツの前ガバーッ、銀のブレスレットピカーッ、っていう男性(30代後半)も居た。

アンタはカリスマ美容師か!

ていうか、そんなんでいいの?許されるの?
区役所も変わったなぁ。

彼のとなりに、いかにも“私は役人です”っていう感じのネクタイ姿のオジサンが座ってて、そのギャップが一番おかしかった。ミクスチャー。
[PR]
by rocksaloon | 2005-09-27 18:11 | ドウデモイイ日記

テリヤキや~

d0032310_20571655.jpg。。。じゃなくて、テリー・キャリアー(Terry Callier)。
写真を見ると、なんだか故・いかりや長介的なルックスの、彼。
1945年シカゴ生まれで、カーティス・メイフィールドと同級生だったという、彼。
フォーク+ジャズ+ソウルという独特のスタイルをして、『フォーキー・ソウル』 というジャンルで語られたりする、彼。
1960~70年代に名作をドロップ。その後、長く不遇の時代を送るも、90年代にイギリスのレア・グルーヴ系DJの間で再評価され、98年に久々の作品をリリース。以降、精力的に活動し、2004年にもアルバムをリリース。今年の2月には来日公演も行った、彼。
あの渡辺満里奈も、ライヴに足を運んだという、彼。(それはどうでもいいか。)

。。。要は、早い話が、マイ・ブーム。

まず、なんといっても、曲がイイ。メロウ。さすが売れない時期、職業作家やってただけある。
で、黒人として“フォーク”の解釈というか咀嚼をしていて、その結果、フォークでも、ジャズでも、ソウルでもない、彼しか出せないオリジナリティがある。
そして、僕にとっては究極の癒しにもなっている、どこまでも深く、哀しみをたたえたその声。
(何から癒されたいのかは不明だが。)

いや~、良いです。

<ORIGINAL ALBUM DISCOGRAPHY>※未聴もありマス。

d0032310_20573179.jpg『The New Folk Sound』
1968年発表の1st。
ブルース・アルバムのようなジャケですが、中身はフォーキー。
発表の2年前に録音済ましてたものの、ロック・ミュージシャンの台頭でリリースが延び延びになり、しかもセールスふるわず、という踏んだり蹴ったり盤。でも内容はピカイチ。
※日本盤CDは未発売。

d0032310_211696.jpg『Occasional Rain』
1972年発表の2nd。
プロデューサー、チャールズ・ステップニーに見い出され、カデット・レーベル(Cadet)よりほぼ再出発。超名曲、『オーディナリー・ジョー』 収録。

d0032310_2171089.jpg『What Color Is Love』
1973年発表の3rd(同じくCadet)。
さらに深化したメロウネス。一曲目『ダンシング・ガール』で悶絶。
なにはなくとも、この美しいジャケット。家宝にすべし。

d0032310_2111721.jpg『I Just Can't Help Myself』
1974年発表の4th(Cadet)。
前半5曲と後半3曲で録音時期が違うためか、そこで雰囲気が多少変わるように感じる。(前半のがややシンプルで粗めのサウンド、後半は前作寄りのメロウ路線)
2~4作目はMCAより日本盤CDが1998年に出たけど、今は品薄(or在庫切れ)の模様。

d0032310_21112029.jpg『Fire on Ice』
1978年発表の5th。不遇の時期の始まり。

d0032310_21202529.jpg『Turn You to Love』
1979年発表の6th。皆、彼を忘却の彼方に。
これ以降、しばらく裏方稼業。

5~6作目は現在ワーナーより日本盤CDが2001年に出るも、同じく品薄。

d0032310_21245493.jpg『Timepeace』
人気再燃を受け、1998年、満を持して復活。才気迸る名盤。

d0032310_21275483.jpg『Lifetime』
1999年発表。もう止まらない。

d0032310_2137174.jpg『Speak Your Peace』
2002年作。4Heroのメンバーがプロデュース。ポール・ウェラーも参加。

d0032310_21301049.jpg『Lookin' Out』
2004年、円熟の一枚。



<その他 DISCOGRAPHY>
『alive』 ※ライヴ盤
『トータル・リコール』 COCB-53162 2520(tax-in) 2004.01.28 ※日本独自編集盤

※現在整備中。
[PR]
by rocksaloon | 2005-09-26 21:54 | 音楽

本日の違和感。

d0032310_1412516.jpgうちのマンションの前に路駐してある乗用車。

じゃまだなぁ........と思いつつ、

中をなにげに覗いたら、

運転席と助手席の間、ギアのある所に

国語辞典 が置かれていた。



......オイ。オマエは何に使われてるんだ?
[PR]
by rocksaloon | 2005-09-23 14:03 | ドウデモイイ日記

お腹がゆるくなるのはイヤだ

d0032310_12144783.jpg浜ちゃんがCMに出てる、ビールもどきの飲料「Kire(キレ味)」(by ○ントリー)。
“消える、後味” というキャッチフレーズの、あれである。
ビールではないにしても、今流行りの発泡酒に近いモンかと錯覚しそうなCMだが、こないだ実際に商品を手にとり、原材料を見て思わず唸ってしまった。

「ホップ、コーン、糖化スターチ、醸造アルコール、植物繊維、コーンたんぱく分解物、酵母エキス、香料、カラメル色素、酸味料、クエン酸K、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、苦味料」

なんなんだこの添加物の多さは。。。
  ※念のために、ビールの原材料(一般的):麦芽、ホップ、米、コーン・スターチ

まず、「麦芽」が入っていないから、「ビール」でも「発泡酒」でもない。「その他の雑酒」扱いだ。
まぁ、それはいい。
しかし、一番どうかと思ったのが、人工甘味料の使用。
“糖質ゼロ”をうたいたかったからなんだろうが、飲料に入っているとなんだか気持ちワルイ。
よく砂糖不使用のアメとかに書かれているあのフレーズ、『一度に沢山摂取すると、お腹がゆるくなることがあります』 が、パッケージにちゃんと書かれている。

。。。そんなことに気を使ってまで、わざわざ飲みたくね~よぉ。。。

開発努力は評価するが、なんというか、もはやこれをビールや発泡酒と同じラインで売り込むのはムリがあると思うぞ!サ○トリィィィ!
[PR]
by rocksaloon | 2005-09-22 12:41 |

PANDA SURVIVAL SHOP

フラリと立ち寄った、バッグの老舗メーカー 『EASTPAK』 のWebサイトのトップページに掲げられていたビジュアル、 “PANDA SURVIVAL SHOP”。

何かものすごく面白いジョークを伝えたいのではないかという気がするのだが、サッパリわからない。
誰か~ 推測して~
d0032310_21504774.jpg

http://www.eastpak.com/
[PR]
by rocksaloon | 2005-09-21 21:56 | モノ

おおっ

d0032310_20343163.jpg2005年8月24日、いつのまにか復活していた 『ナゴムレコード』 から、“ケラ(有頂天)” や “たま”のベストが発売。その他、当時ナゴムレコードに所属していたアーティストの作品が順次再発される予定らしい。
d0032310_20344247.jpg同世代の友人の間では未だに“たま”は話題に上るし(どんな友人やねん)、前からずっとベストを欲しいと思ってたんだけど、まさか今になって新しいマテリアルが出るとは。正直驚いた。一方、“ケラ”のベストはなんと2枚組だ!(売れるのか!?)
そろそろあの頃から時代が一巡りしたっていうことか?

ニュースソース:HMV Japan:ナゴムレコード再発だ!
[PR]
by rocksaloon | 2005-09-21 20:53 | 音楽