<   2006年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ソウルフルな休日を。

お休みっすねー。
帰省して、久しぶりにゆっくりしてます。

いつもは「今日のこれいっとく」でお気に入りの音楽をアップしてますが、今日は連休バージョンということでこっちで紹介します。

d0032310_2282354.jpg今日のBGMは、アレサ・フランクリンの「Live at filmore west」
コロンビアからアトランティックに移籍して、ソウルの女王としてまさに絶頂期だったアレサ・フランクリンが、1971年2月にfilmore westで吹き込んだライヴ・アルバムです。
絶好調のアレサ、そして脇を固める豪華ミュージシャン。(レイ・チャールズも飛び入り参加。)
もう、悪いわけがない。
リラックスしつつ、ちょっとゴージャスな気分に浸りたい方は、迷わず手に取るべき盤ですね。



そのほか、僕がついつい休みの日に手の伸びる“ソウルフル”なライヴ・アルバムはこんな感じです。

d0032310_23159.jpgLive at the Harlem Square Club, 1963 | Sam Cooke

アレサのアイドルだったサム・クックの“ソウル”な一面を垣間見れる一枚(死の1年前の録音)。いや~、アツイ、アツイ。サム・クックが後年に与えた計り知れない影響力をひしひしと感じる名盤です。
今年、ジャケット違いのリマスター盤が出ました。どんな風に変わってんのかな?

d0032310_2412596.jpgUnplugged...and Seated | Rod Stewart

いわゆる“ソウル”アルバムではないですが、そのサム・クックにもろ影響を受けたであろうロッド・スチュワートのアンプラグド・ライヴ(1993年発表)。近年のロッド・スチュワートのモダンな音作りはあまり好きではありませんが、ここはアンプラグド。そういった無駄な装飾は一切抜きで、ロッドのソウルフルな歌声を堪能できます。盟友ロン・ウッドとの絡みもGOOD。

d0032310_2535214.jpgLive | Donny Hathaway

アレサの「Live at filmore west」と同年にリリースされたダニー・ハザウェイの傑作ライヴ。優しさとあたたかさに満ち満ちた、ホントにすばらしい作品です。観客との一体感、これもライヴ・アルバムの醍醐味ですね。

d0032310_313750.jpgLive | Bob Marley & the Wailers

もうこの辺は僕が取り上げるまでもないやろ~という感じですが、やっぱり手に取ってしまうので、紹介せざるを得ません。1975年のLONDONでのボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのライヴ。音楽を愛する全ての人が好きになる盤じゃないでしょうか。ボブの魂の叫びが沁みます。

d0032310_3103930.jpgKing Biscuit Flower Hour: In Concert | Humble Pie

ちょいロック寄りになってしまうのですが、このハンブル・パイの絶頂期、1973年のライヴ盤も僕にとっては大切な一枚です。ヴォーカル、スティーヴ・マリオットのゴスペルライクなMC、これにまずヤラレます。で、全身全霊を込めた気迫のパフォーマンス。これぞまさしく“ソウル(魂)=フル”。どぉりゃあぁぁぁっっ!て声が聞こえてきそうなジャケもたまらん。


ありゃ、なぜか男性ばっかになってしまったな。
ま、きりがないのでとりあえずこの辺で。
いやー、やっぱ、ライヴ・アルバムって、いいですよね。
[PR]
by rocksaloon | 2006-04-30 02:52 | 音楽

久々の 『ラブジャケ』 。

d0032310_202915.jpgタイヘン! おにいちゃん泳げなかったんだ!
おにいちゃ~んっっっ

d0032310_2030599.jpg
                              ぶくぶくぶくぶく.......




<上>Mirah / C'mon Miracle (2004)
<下>Why? / Oaklandazulasylum (2003)
[PR]
by rocksaloon | 2006-04-25 20:31 | 音楽

ビータリカ!

d0032310_15263951.jpgセイセイセーイ!
メタリカをご存知の方に、ぜひ聴いてもらいたいのが、
このバンド 『Beatallica(ビータリカ)』
http://beatallica.org/

ビートルズの曲をメタリカ風にカバーするという
居酒屋のネタみたいなことを、マジにやってるバンドです。

もうとにかく!
声とか歌い方がそっくり!
メタリカのあの独特の節回しを知ってるだけで笑えます。
でもって、曲タイトルも全部ビートルズ+メタリカ!

で、当然バンドメンバーの名前も...ミクスチャー。
Jaymz Lennfield (Vo.G)
Krk Hammettson (G)
Kliff McBurtney (B)
Ringo Larz (Dr)

“リンゴ・ラーズ”って(笑)
そのまんまやがな!

ひーーー
おもしろすぎるぅーーー

このバンド、実はビートルズの版権を持つSonyに訴えられそうになり、サイトが一時封鎖されたそうですが、なんと、本家メタリカの“ラーズ・ウルリッヒ”の応援もあって、活動を再開したそうです。(お墨付きかー。スゲー。)
けどまたいつ訴えられるか分からない微妙なバンドなので、今のうちにアルバム2枚分の音源全曲ダウンロードをおススメします!(私はもち全曲をiPodに入れました。)
ただし、なんせ曲がビートルズなんで、原曲によってはどうやってもメタリカに聞こえないのもあります(笑)。
「サージェント・ペパーズ~」のカバー(1作目の1曲目)などは完璧。
歌詞を丁寧に訳してくれてるサイトも見つけたけど、
わはははは!!!
アホ過ぎる~

ここまでやり切ったら見事よなぁ。職人や~。

本家メタリカの公式サイト
あ、ここの『MEDIA』で本家も試聴できるわー。未聴の人は先に聴いてみてー。絶対面白いから。
[PR]
by rocksaloon | 2006-04-25 19:12 | 音楽

多国籍急須。

自分の使ってる急須(ガラス製)の入ってた箱を捨てようとして、
ふと表記が目に入った。

=================
本体:日本製

茶漉し網:中国製

ふた:フランス製
=================


なぜにふたがフランス製? ナゾ~
[PR]
by rocksaloon | 2006-04-23 17:38 | ドウデモイイ日記

なぜだか

d0032310_10561825.gif今週一番聴いた音楽は、

ベートーヴェンでやんした。

ヴァイオリン・ソナタ第5番、

通称 「春」。(季節モン)


最近、クラスゥィックに目覚めつつありマス。

rocksaloon なのに。

classicsaloon に改名せなあかんのちゃうやろか。
[PR]
by rocksaloon | 2006-04-21 08:43 | ドウデモイイ日記

佇む。

d0032310_19472643.jpgちょっと頻度高めですが、いいのを見つけたので
カモメジャケ第8弾です。

「HEAVEN UP HERE」
 by エコー&ザ・バニーメン

(2作目。1981年。)

いかにも英国的、ヨーロッパ的な、印象的で美しいアルバムジャケットです。

こういう“メンバーが自然の中で佇む構図”というのは、叙情的なサウンドを持ったバンドに多く見られる傾向ですね。


d0032310_1959231.jpg例えば、パッと思いついたのでいくと、売れに売れたトラヴィスの2000年作「The Man Who」とか。
(「Writing to Reach You」、「Driftwood」、「Turn」、「Why Does It Always Rain on Me?」等の超名曲収録。)


d0032310_2045111.jpgスターセイラー「Silence is easy」(2003)というのもあります。
これは、ビートルズ「HELP」も意識してますね、きっと。


d0032310_20183647.jpgちょっと変化球ですが、エンブレイス「If You've Never Been」(2001)なんかも。

とりあえず、佇みたいお年頃のようです。


============================
※過去のカモメジャケッツコレクション。
↓↓↓↓↓
http://rocksaloon.exblog.jp/1604739/
http://rocksaloon.exblog.jp/2198583/
http://rocksaloon.exblog.jp/2538711/
http://rocksaloon.exblog.jp/2587009/
http://rocksaloon.exblog.jp/2805607/
http://rocksaloon.exblog.jp/2863073/
http://rocksaloon.exblog.jp/2961511/
[PR]
by rocksaloon | 2006-04-18 20:14 | 音楽

おいおい、どうなってんの!?

昨日は牡馬(オス馬)3歳の最初のクラシック(GⅠ)レース、皐月賞が開催されました。

で。
なんと!!!
今週も当ててしまった。
6番人気、メイショウサムソンを指名し、見事1着

いや~、キテますよ、我が直感。
今回は、正直いってホントヤバイです。
特に分析もしてないのに、なぜか妙に自信ありましたもん。

これで、今年のGⅠレースは5戦4勝。
いつまでこの神懸り的状況が続くのか、
こんなので幸運を使っていいのだろうか??


(ちゅーか、きちんと予想してないのが“吉”と出てる気もする。。。)

=========================
ちなみに。
我がPOG馬、ナイアガラは11着でした。
ここはシビアに評価して、その通りの順位でしたので、
ぜひ次はがんばってもらいたいと思います。
あ、そうそう、
同日、ビーオブザバンが別のレースでひっそりと
1着になりました(笑)。よし、その調子や!
=========================
[PR]
by rocksaloon | 2006-04-17 19:30 | 競馬

キラキラサラリーマン

社員

と打とうとして、変換したら、

シャイン

と変換された。

。。。ものすごい絵ヅラを想像してしまった。
[PR]
by rocksaloon | 2006-04-14 19:36 | ドウデモイイ日記

シーウィンド|海鳥

d0032310_14222227.jpgカモメジャケ、第7弾。
シーウィンドというフュージョン・グループの
その名も『海鳥』というアルバムです。
(海鳥=カモメではありませんが)
なんともいえない色使いが美しいですね。

(4作目。1980年。)

============================
※過去のカモメジャケッツコレクション。
↓↓↓↓↓
http://rocksaloon.exblog.jp/1604739/
http://rocksaloon.exblog.jp/2198583/
http://rocksaloon.exblog.jp/2538711/
http://rocksaloon.exblog.jp/2587009/
http://rocksaloon.exblog.jp/2805607/
http://rocksaloon.exblog.jp/2863073/
[PR]
by rocksaloon | 2006-04-13 12:42 | 音楽

Road to UDON

d0032310_19145173.jpg先週末、近所のスーパーをブラっと物色してたら、
特産コーナーでうまそ~ぉな うどん を発見。
生麺に粉がついとって見るからに美味そうだ。

外食や出来合いのモノで済ますことの多い最近の我が食事情、
たまにはうどんでも作るかぁ、とお買い上げ。

嬉々として台所に立ってから、はたと気がついた。


ナベがない。


引っ越してIHに変わってから、前のアルミ鍋は使えないと思って廃棄、
その後、ナベを買わずに1年を過ごしてたわけだ。
まぁ、過ごせてしまっているから、この うどん さえなければ
今後も別段問題なく過ごせるのだろうが、
なんちゅうか乗りかかった船というかなんというか、
こうなればなんとしても、デッカイナベでたっぷりの水でうどんを茹でたくなった。
しかも、どうせ買うなら、ちょっとコダワリたくなった。

というわけで、
ただいまナベを物色中~。

Le Creuset(ル・クルーゼ)  仏。うどんにホーローはナイかなぁ。。。
Fissler(フィスラー)  独。
Lagostina(ラゴスティーナ)  伊。
Vita Craft(ビタクラフト)  米。
Staub(ストウブ) 仏。
Calphalon(カルファロン) 米。
CRISTEL(クリステル) 仏。
柳宗理(やなぎそうり) 日。
DANSK(ダンスク) デンマーク。



。。。このうどんが食えるのはいつの日か。
[PR]
by rocksaloon | 2006-04-12 19:27 | モノ