<   2008年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

どきどきするよないかれた人生

d0032310_15173544.jpgブランキー・ジェット・シティの全オリジナル・アルバムが、紙ジャケット&SHM-CD仕様で、再発されてます。

今、流行りのSHM-CD(Super High Material CD)。
普通のCDとは違う樹脂を使って、CDの素材の透明性を高めているので、音のクオリティが格段にアップしているらしいです。
試聴してみたら、たしかにちょっと生々しさとヒリヒリ度が増してる感じ。よいです。

d0032310_15174429.jpgしかし、すでにアルバムを持ってる身としては、非常に悩ましい。
普通のCDを持っていたら、それとの交換で2割引とかやってくれないもんでしょうかねw

あー、ほんと悩ましい。
[PR]
by rocksaloon | 2008-12-20 02:43 | 音楽

黒ヴァーム、ヤヴァイです

先週あたりから、プール通いを始めたrocksaloonです。

さすがに月2回程度のフットサルだけでは、最近逆に身体がしんどくてですね、
体力維持&アップのため、会社の同僚の通ってるスイミングにくっついていったんです。

d0032310_15284411.gifで、プールに入る前に、同僚から渡された一本のドリンク。

「これ、飲んどいてください」

「・・・なにこれ?」

「(微笑みながら)魔法の薬です」

スーパー・ヴァーム? 高橋尚子が宣伝してた「ヴァーム」のゴツイ版ですか?

「通称『黒ヴァーム』です。これを飲むと、ぜんぜん疲れないんですよ」

と、同僚。

・・・ちゅうか、
今日初めてやから、比較ができないんですけど。


とつっこみながらも、とりあえず飲んでみましたw
お、パイナップル味ですか。
しっかし、こんなのって効くのかな・・・

とまぁ、こんな感じで半信半疑だったわけですが。

・・・なんか、ほんとに疲れないんですよね~。すっご~い!
もちろん、泳いだら泳いだだけその時は息が荒くなるんですけど、またすぐに復活して、泳げるようになるというか。
比較できないにも関わらず、実感できるって、ちょっとマジスゴクないっすか???
さすが、一本310円するだけのことはあるなぁと、感心した次第です。

さっそく、フットサルの時にも飲んでみました。

うぉ~っ、疲れな~い♪ すっご~い!!!


皆さんも、体力が必要になった時には試してみてください、黒ヴァーム。
自分の予想以上に体力が持つのが実感できますよ。
なんか、あまりにも効きすぎて、依存症になりそうでコワいですw
[PR]
by rocksaloon | 2008-12-15 21:36 | モノ

スペシャルウィークの反撃

いや~、強かったっすね~、ブエナビスタ

先週末に行われた、2歳牝馬(メス)の頂点を決めるGⅠレース「阪神ジュベナイルフィリーズ」で、他の馬を全く寄せ付けず完勝したブエナビスタ(父スペシャルウィーク、母ビワハイジ)。
ちょっとこれはもう、別格と言わざるを得ないほどの強さでした。

「母ビワハイジ」ということは、一昨年、僕がPOGで獲ってたアドマイヤオーラの妹なんですよね~。
今年は他のメンバーがブエナビスタを獲ってるんで、活躍するのは嬉しいやら悲しいやら。
複雑な心境ですw

それにしても、今年は、牡馬(オス)の方にもリーチザクラウン(父スペシャルウィーク、母クラウンピース)という大物もいますし、父スペシャルウィーク大活躍って感じですね~。

シーザリオというオークス2冠の大物牝馬を出した以外は、あまりパッとした産駒を出せていなかったスペシャルウィーク。年々、サンデーサイレンス直系の新種牡馬が増えるなか、ここのところ、種付数も減りつつあったところでの、今年の大爆発。

「このままでは終わらん!」 という、スペシャルウィークのイナナキが聞こえてきそうですw

来年のクラシック戦線は、スペシャルウィーク・フィーバーとなるんでしょうか?
非常に楽しみです。

※ちなみに、同レース3着は、我がPOG馬、ミクロコスモスでした。よく頑張ったなぁ。。。(^^)
[PR]
by rocksaloon | 2008-12-15 21:18 | 競馬

宇宙兄弟、イイです

d0032310_1571080.jpg最近お気に入りの漫画。
(こーいうのは、わりとマメにチェックしてますw)

「宇宙兄弟」

 (以下、引用)
子供の頃「一緒に宇宙飛行士になろう」と 約束した兄弟がいた。
兄、六太(むった)12歳。弟、日々人(ひびと)9歳。
それから19年経った2025年。
日々人は、約束通り宇宙飛行士になっていたが、 六太は勤めていた会社をクビになり、 無職状態になっていた。
落ち込む六太に日々人からのメールが。
そのメッセージを見た六太は、 諦めかけた夢と約束を思い出し、 ふたたび夢に向かって歩き出すことを決意する。
要は、先に宇宙飛行士になった弟を追っかけて、兄が宇宙飛行士を目指すって話です。
絵柄的にはそんなに好きなテイストじゃなかったんで「どうかな~」って思いながら手に取ったんですが、意地を張ったり、いじけたり、憧れたり、時にうっとおしかったり、なんかほっとけなかったり・・・っていう、兄弟の間の微妙な距離感と感情の描写がとても良くて、不覚にも熱いものがこみ上げてしまいました。

なんかねー、この感覚、痛いほどわかるんすよねー。
兄弟持ってる人共通の感覚だと思うんですけど。
その辺をすごくうまく表現してると思います。

熱血なようでいて適度にゆるいところもいいし、笑えるポイントもけっこうあって好きな作品です。

第1話はネットで読めますんで、ぜひ。
[PR]
by rocksaloon | 2008-12-12 18:47 | 本&アート&写真

ホメ上手、ホメられ上手

“ホメ上手” な人っていますよね~。

僕は、もともとホメられるのがニガテで、内心は嬉しいものの、どう返したらいいかわからなくて、恐縮してしまう性質なんです・・・
今でこそだいぶマシにはなりましたけどね。

たぶん、ホメられるのが苦手な人は、基本「天の邪鬼」なんじゃないかなぁと思います。
ホメ言葉を素直に受け取れないというか。(たいてい条件反射なんですが。)
あと、自分に対してストイックな人も、ホメられ下手な気がします。
(いや・・・この程度でほめないでいただきたい・・・拙者はまだまだでございますから・・・みたいな?)

ホメられたときに、いろんな気持ちが入り混じって、なんだかむずかゆいというか、こっぱずかしいというか、居心地のわる~い気持ちになるんですよね~。

で、ホメられるのが苦手な人は、たいてい、ホメるのも苦手なような気がします。
ぱっと思いついても、あんまりホメてもわざとらしいか・・・とか、いろいろと余計なこと考えちゃうんですよね。

まぁでも、ご存知のとおり、立場上、けっこう“ホメ”なきゃいけない場面が日常的にございまして(汗)
けっこういろいろと苦心しております・・・

だから、ナチュラルにホメ言葉が出てくる人ってすごいな~っていつも感心してしまいます。

本心でホメたりホメられたりするのって、ものすごいプラスのエネルギーになりますもんね。

“ホメ上手” “ホメられ上手” になりたいものです。
[PR]
by rocksaloon | 2008-12-11 23:33 | ドウデモイイ日記

意外と、イケますよw

d0032310_1195830.jpgスタンリー・カウエルさんともう1枚、渋谷の○ワレコで購入したのは、ビリー・ジョエルの1980年代初頭に行われたライヴの模様をパッケージした、「Live from Long Island」でした。

うわ~っ。 ジャケ・・・ダサ・・・

ホントは、せっかく品揃えの豊富な店に行ったんだから、もっとマニアックなCDを・・・と思ったんですけどね。音聴いたら欲しくなっちゃって、気づいたらカゴに入れてました。

じつは、初めて買った洋楽のCDが、ビリー・ジョエルだったんです。今から、え~っっと、15年以上前の話ですね。2枚組ベストがたしか4,000円を軽~く超えてて、ものすごく思い切って買ったのを覚えてます。(今だったら、同じやつが2,500円ぐらいで買えますね。当時は洋楽も強気でしたねぇ。)

それ以降、かなりたくさん音楽を聴いてきましたが、やっぱ、“そら”で歌えるぐらいまで聴きこんだCDってのは、最初の頃に買ったCDが多いですよね~。特にこのCDは、かなり奮発して買ったというのもあって、めちゃくちゃ聴いてましたw

で、このライヴアルバム

ビリー・ジョエルは、どこからどう切っても“ロック・ミュージシャン”なんだなぁというのを再認識させられるような、目の覚めるような気合いの入ったすんばらしいパフォーマンスなんですよね。(気づいたら試聴しながら、大勢の観客と一緒になって心の中で合唱してました。)
で、ずーっと忘れかけてたビリーの凄さを思い知って、思わず買ってしまったというわけです。

なんでも、ファンの間でも評判の高いライヴなんだとか。納得です。
Youtubeなどでも映像が観られるみたいですので、「そんなにビリー・ジョエルってよかったっけ~?」と思った方はチェックしてみてください。
おススメ→「Prelude/Angry Young Man

ちなみに、ここでドラムを叩いているのは、ビリー以上にロックな男(?)、リバティ・デヴィート(Liberty DeVitto)。
もうほんと、アツくるしいぐらいロックですw 
たぶん、リバティのプレイ・スタイルに少なからずビリーは影響受けてたんじゃないかなぁ。
[PR]
by rocksaloon | 2008-12-09 19:44 | 音楽

POG近況(12/7時点)

ひさびさの、2008-2009シーズンのPOG近況です。

現在、10 - 7 - 3 - 1 - 2 - 8 の 10,725ポイント。(12/7時点)
10月末から約1か月ちょっとで、4勝の固め打ちができ、仲間内のPOGでは、まだまだトップをキープしています。
嬉しい誤算は、ラヴェリータのダートでのまさかの激走。この短い間に一気に2勝しちゃいました。
反対に、ツルマルジャパンの復帰戦は残念な9着。このあとのローテが心配です。

てなわけで、各馬。

1.コスモパイレット (牡 父Smarty Jones、母Confidently 2→3→2→2→1着。 放牧中です。
2.ラヴェリータ (メス 父Unbridled's Song、母Go Classic) 9→5→1→1着!
3.ショウナンサミット (牡 父キングカメハメハ、母バブルウイングス) 6→1→12着。 放牧中です。
4.ツルマルジャパン (牡 父マンハッタンカフェ、母メモリーズオブロニー) 1→1→3→9着。
5.ミクロコスモス (メス 父ネオユニヴァース、母ユーアンミー) 1着。
6.マイネルエルフ (牡 父シンボリクリスエス、母ゲイリーピクシー) 5→2→1→2→3→11着。 放牧中です。
7.ホーカーハリケーン (メス 父ネオユニヴァース、母ワールウインド) 1着! 放牧中です。
8.クリムゾンブーケ (メス 父クロフネ、母スカーレットローズ)
9.クラシックチュチュ (メス 父キングカメハメハ、母グランパドドゥ)
10.トップモーション (メス 父シンボリクリスエス、母プロモーション)
11.レディーノパンチ (メス 父フレンチデピュティ、母レイサッシュ) ★
12.インモータルローズ (メス 父ゼンノエルシド、母フレイバーギフト) ★ 11→11着。
13.ブレシドレイン (メス 父ネオユニヴァース、母ティルザリバーランズドライ)
14.ハッピーネーション (メス 父アグネスデジタル、母エイシンアイノウタ) 2→2→4→1着! 放牧中です。
15.アフィニティ (メス 父サクラバクシンオー、母オギブルービーナス) ★

★は抽選。太字は1勝以上の馬。
[PR]
by rocksaloon | 2008-12-09 19:33 | 競馬

旅ができる音楽。

ごぶさたです。
なんとか生きてま、した。
みなさん、師走ってますか? 僕は師走ってますw

先週、関東方面に出張で2日間出掛けておりまして、夜、ここぞとばかりに某大手輸入CDショップを徘徊していたら、ジャズ・ピアニスト、スタンリー・カウエルのCDが試聴機にかけられておりました。

d0032310_1701395.jpgスタンリー・カウエル/ニュー・ワールド

おおぅ、ザ☆にゅー・よ~ぉく。いいねぇ、このジャケ。
この作品はスタンリー・カウエル的にはどちらかというとマイナーな作品で、1981年というリリース時期もあって、いわゆる純正ジャズではなく、ソウル、フュージョン寄りの音楽が展開されています。
微熱を帯びた演奏に乗っかる、端正なピアノの調べ。帯の「軽やかな風に満ちた世界」の言葉のとおり、どこか遠い世界に連れて行ってくれるひとすじの風のような音楽。新幹線で外の景色を眺めながら聞いてたら、おもわず「どっか遠い大陸を放浪中」の自分を妄想してしまいました。
僕的には、テリー・キャリアーと同じ軽やかさを感じるなぁ~と思ってたら、カフェ・アプレミディシリーズ(MUSICAANOSSA)で、どっちも収録されてやがんの。 な~んだ。新発見でもなんでもなかったのね。

ちなみに、そのコンピにはアーマッド・ジャマルも収録されてるので、tsunakoちゃん的にもストライクかもね。カウエル氏。

カフェ・アプレミディのサイト:http://www.apres-midi.biz/
[PR]
by rocksaloon | 2008-12-08 18:46 | 音楽

一部ご心配おかけしてますが、

もちょっとしたら復活します。
[PR]
by rocksaloon | 2008-12-05 12:57 | ドウデモイイ日記